お父さんのパリ

あてくし、小さいころ何度も”パリ”へ行っておりますの。

ええ、もちろん、父の赴任先
ちょっとした旅行
セーヌ川で海水浴、



d0166115_13264926.jpg





以上のどれでもありません。

なぜなら、行ったのは、おフランスのパリではないから!


この記事を読んで、うちの父、けいちゃん(72歳、仮名、持病:水虫)
の言うところのパリを思い出した。




うちは、父一人、姉ひとり、あたしのいわゆる
父子家庭。


なのに、さびしい思いをしなかったのは、
一重に、このけいちゃんのおかげといえる。


さびしいと思う暇がなかったともいう。


けいちゃんは、娘2人を残し嫁に逃げられる
というなかなかにドラマチックな人生を
歩んできたにも関わらず、絵に描いたような
子煩悩で大変明るくそして、へんな父です。


煙草も吸わず、酒は下戸、賭け事もやらず、
趣味は、車という真面目なサラリーマン


が・・・


くだらない冗談と、娘をたばかることに全力をかける
娘としては、かなり迷惑な代物。


あたしが社会人になって冗談の通じないオヤジが多くいることに
心底驚いたというくらい、いつもおやじギャグやくだらないことを繰り返し
一人で、にへらにへらしている奴なのだ。



たとえば、「お父さんは、下戸やん」とか言おうものなら
「それは、どんなカエルや?」とくる


「はぁ?」と聞き返すと
もう満面のえがおで、
「げこ、げこやろうもん」となる。




くだらねぇだろ?

な?
腹が立つだろ?


これを日常的にやられてみ
”あ~もうっ!”ってなるから!



で、このけいちゃんに小学校低学年のころやられたのが
”お父さんのパリ”です。


朝、嬉しそうに新聞をよみながらチラシをごそごそやってるなぁ~
と思っていると「あいろ~ちょっと来てみ」と呼ばれる

近寄ってみると、”お父さんパリに行くけん
あいろも行くか?”と言う。


手に持ってるのが、旅行会社のチラシだったり
するもんだから、純真無垢なあいろちゃんは
もぅ!大喜び。



その喜ぶ顔をみながら、
はいっと手渡されたチラシの端。


あたしがチラシの端をとっさにつかむと
あらかじめ切り目を入れてあったらしく
バリっと破れるチラシ・・・・


な?


は?


パリ!

はぁぁぁぁぁ?????



パリっち言ったろうもん!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・



なぁ~!

腹が立つだろう?




これを”パリ”っと音がするものを手にするたびにやられる
おせんべいだったりお菓子の空き袋だったり・・・・

2-3回やられるうちこちらも学習してきて

「なん?パリ行くん?」

それらを手にしてる段階で先に言うようになる。



でも、それはそれで、大変嬉しそうだ。



そんなけいちゃん
72歳のいまだに週3日は会社に通い
休みの日にはいろんなところへ出かけている。

携帯メールは絵文字だらけ、(一部意味不明のものあり)
電話をかけてくれば
「ぱぱよぉ~ん、お元気ぃ~」だ!


どうだろう?
けいちゃん。

もう、70を過ぎたことですし



渋いじじぃになってみるっていうのは!


※念のため。
 上記カエル等のギャグは、本当にけいちゃん作であって、あたし作ではありませんので、どうか

ひかないでぇ~
[PR]

by a-iro | 2013-01-30 19:59 | 日々のこと